(原文發表於《モモト》雜誌第34期,已徵得出版方同意公開)

undefined

沖縄x台湾
野球を通じてもっと仲良くしましょ!

沖繩x台灣 以棒球交流更加拓展情誼吧


 日本と台湾、野球には共通点も相違点もある。日本では高校野球が人気だが、台湾ではプロ入りする選手が揃う強豪チームの試合でも、観客はあまり入らない。私も沖縄に来る前は「何で高校野球が人気かな」と不思議に思っていた。

  日本和台灣的棒球有著許多相同和不同的地方。例如,日本雖然高中棒球的人氣旺盛,但在台灣,即使是坐擁許多未來職業選手聚集強隊的比賽,依舊是乏人問津。我自己也曾在來到沖繩前,抱持著「為什麼高中棒球會如此熱門呢?」的疑惑。

 2017年全国高等学校野球選手権大会(いわゆる夏の甲子園)沖縄地方大会の一回戦を見に行った。八重山商工対首里高校、八重山の平良君が時速150キロ以上の球を投げたが、結局0対1で首里高に負けた。「野球マンガみたいに、150を投げるエースがいるのに一回戦敗退?」と驚いた。台湾の高校野球は、強豪校と普通校の実力は天と地ほどの差がある。強豪はプロや海外を目指し、毎日長時間練習。台湾ではそういうチームを「科(カ)班(バン)(学業ではなく、一つの専門技術を全力で追求する学生たちという意味)」と呼び、木製バット限定のリーグで試合をする。一方、普通の高校の野球チームは、基本的には金属バットを使うリーグで、練習時間も少ない。2013年から日本と同じように全校が出場する「黑(ヘイ)豹旗(パオチー)大会」がスタートしたが、この4年間、金属バットリーグ校が科班校に勝つことはなかった。台湾的な感覚では、150キロを投げるエースがいる強豪校が、進学校に敗れるという状況は信じられないことだ。

  於是,我去看了二○一七全國高等學校野球選手權大會(也就是俗稱的甲子園)的沖繩地方預選大賽。那時是八重山商工與首里高中的初賽,雖然八重山的平良選手飆出超過一五○公里的快速球,但結果卻以零比一敗給了首里高中。「擁有像棒球漫畫一樣能飆出一五○公里的王牌,居然卻在第一回合就輸掉了?」這件事讓我十分震驚。因為在台灣,所謂強校與弱校的實力彷彿天與地的差距。強校球員多以職棒或旅外為目標,每天耗費大量時間練球。在台灣,稱那類球隊為「科班(重點並非放在學業,而是全力鑽研某種技術)」,多以參加木棒聯賽的比賽為主。另外,普通高中的棒球隊,則多半練習時間較短,並參加使用鋁棒的聯賽。二○一三年雖然仿效日本,舉辦全國學校不分組切磋的「黑豹旗大賽」,但是到目前為止,這四年尚未出現用金屬球棒的普通校贏過科班之例。以台灣來講,一般升學高中能夠擊敗有著一五○王牌的強校,簡直是天方夜譚。


 私は日本の中でも特に沖縄は高校野球に熱心だと聞き、何故かと考えて沖縄の野球の歴史を調べた。調べるうちに台湾との共通性を感じた。島全体が一つになって代表チームを応援するのは沖縄も台湾も同じだ。厳しい全国戦や国際戦でこそ、「小さい島でも力を示したい」と考え、チームも島全体も熱くなる。2013年のWBCは台湾人に強烈な印象を残した。あと1ストライクという場面でヒットを打たれ、台湾代表はサムライジャパンに負けたのだ。

  我還聽說即使在日本,沖繩也是數一數二熱衷於高中棒球的地方,便開始從沖繩棒球史中想找出原因,於是發現沖繩高中棒球和台灣國家隊一樣,都會讓島上團結一心為之加油。無論是場面嚴峻的全國大會或國際賽,球隊和球迷總是會抱著「即使來自小島,也不會輸給其他人」的想法奮鬥。二○一三年的經典賽就曾表現出這種精神,可惜在兩出局之後被打出追平安打,輸給了日本武士隊。

 実は2013年のWBCは、台湾プロ野球にとってターニングポイントだった。2005年から2009年にかけて八百長事件が発生し、多くの選手がプロ資格を失い、プロ野球の人気は急落。しかし、WBCでの奮闘は賞賛に値した。しかもこの年、元メジャーリーグのマニー・ラミレスが台湾プロ野球チームに入団。観客数は2012年の一試合平均約2400人から、約6000人以上に急増した。台湾では代表戦だけ応援する人たちを「一日ファン」と表現する。この時は「一日ファン」が球場へ押し寄せたのだが、プロ野球人気の復活には彼らが大きな役割を果たした。

  事實上二○一三年的WBC對台灣職棒是非常重要的一場賽事。由於二○○二至二○○九年間發生放水假球案,不僅讓多位職棒球員遭到除名,聯盟人氣也直線下滑。不過,由於WBC的奮戰精神,加上該年大聯盟球星曼尼‧拉米瑞斯加盟職棒,讓職棒人數場均一下子從二千四百人暴增到六千人。台灣有不少只關心國際賽的「一日球迷」,但好表現也讓不少「一日球迷」開始進場,成為職棒復甦的一分子。

 沖縄と台湾野球の共通点をもう一つ。かつて安仁屋宗八が活躍し、ウチナーンチュは安仁屋とカープを応援したと聞く。台湾も2006年に、王(おう)建(けん)民(みん)がニューヨークヤンキースに入団して19勝を挙げ、大活躍した。アメリカと台湾には時差があるが、当時、王建民の先発試合を見るための寝不足が社会現象となり、ヤンキースの打線には「朝ごはん屋打線」というニックネームがついた。台湾では朝食を外で食べる習慣がある。早朝から多くの人々が朝ごはん屋に集まって、テレビ観戦しながら朝食を摂った。だから私は “安仁屋さんは、台湾の王建民みたいな存在ではないか”と考えた。
 さらに歴史を調べると、台湾と沖縄の野球は昔から深い関係があると分かった。沖縄第一号プロ野球選手・金城政夫さんは、台湾の高雄商業学校出身(“青バットの大下弘”と同じ学校)だったのだ。まさか沖縄のプロ野球選手が台湾の学校出身だったとは。

  還有一件類似的地方。過去安仁屋宗八曾在廣島鯉魚隊有著精采表現,也讓許多琉球人替鯉魚隊加油。而在台灣,二○○六年王建民也曾在紐約洋基有著19勝的佳績。雖然美國和台灣有時差問題,但當時的他讓許多人半夜追球賽不睡覺,甚至還有把洋基隊打線稱為「早餐店打線」的說法。這說法來自台灣人有在外頭吃早餐的習慣,同時看著電視的比賽轉播而來。因此我才會有「當初安仁屋,就像現在的王建民一樣不是嗎」的想法。

  而當繼續鑽研史料,就發現更多台灣和沖繩棒球的連結之處。像沖繩第一位職棒球員‧金城政夫選手,其實來自於台灣的高雄商業學校(與「藍色球棒的大下弘」同一間)。沖繩的職棒球員是台灣學校出身,這真是意想不到。
 

 この数年、ラミゴという台湾のプロチームが石垣島でロッテと対戦している。私は台湾で「アジアウィンターリーグ」を見に行ったことがある。その時はソフトバンクの島袋洋奨が登板し、台湾プロ野球選抜チームから白星を奪った。最近は、沖縄のチームが台湾のプロ野球リーグに参加するという構想が話題となった。県出身の知念広弥選手も台湾の統一ライオンズに入団することが決めた。。台湾では野球留学で興南高校に入学した中学生の話が広く報道されている。今後、沖縄と台湾の野球交流はさらに深くなるだろう。台湾で沖縄選手が活躍したり、沖縄で台湾選手が活躍したり。そんな日が来るのを、心待ちにしている。

  這幾年,台灣職棒的Lamigo都會到石垣島與羅德隊進行友誼賽。我也曾看過台灣的「冬季聯盟」,並在看到島袋洋獎上場,對台灣代表隊拿下勝投。最近還有沖繩似乎要組隊加入台灣職棒的傳聞,來自沖繩的知念廣彌也確定加盟台灣的統一獅隊,還有台灣學生要加入興南高中學習球季的新聞報導。可想而知,往後台灣與沖繩的棒球交流活動會更加蓬勃吧,還真是非常期待看到那天的到來呢。


 

寫作後記:

  《モモト》(momoto)是日本沖繩的一家在地雜誌,專以介紹沖繩的風土文化為主。日前我在該公司研修實習,正巧碰上他們想在四月號中製作沖繩棒球相關的專刊,除了跟著他們四處訪談球員、參觀球隊春訓以外,我還提議說我想寫一篇文章介紹台灣棒球,以及台灣棒球和沖繩棒球的一些交流等等,於是便有了這一篇文章。當初是我自己寫好日文版本,請主編修正語言和內容上的問題,定稿後再撰寫中文版。

 

undefined

訪問沖繩縣出身,日本火腿的上原建太選手(照片最右一)

 

  由於閱讀對象主要是一般沖繩居民,因此介紹台灣棒球的部分比較多,且礙於篇幅的關係,有些內容難免有所割捨。例如文章曾提到WBC的地方,原先我是拿來和沖繩高校史上豐見城高校的比賽做比較,但在最終排版時實在放不下就刪掉了。(P.S.豐見城曾經在甲子園對上名校東海大相模,直到九下兩出局都還是一比○領先,甚至還解決了東海大相模最強的打者原辰德,但就是抓不到最後一個出局數,被連續安打逆轉慘遭再見。類似這種輸法相信台灣球迷並不陌生)就我自己的經驗,沖繩這裡也是有許多球迷滿好奇台灣職棒的。這邊的旅行社有在推銷去台灣去桃園球場看球的行程,甚至有些人聽說過四割男王柏融。當然,也不少人聽說台灣職棒的啦啦隊很正XD

 

undefinedundefined

 

  最後要感謝東洋企劃印刷和いのうえちず主編給我這個機會發表,能在雜誌上介紹台灣棒球。如果對沖繩棒球有興趣,又剛好會到沖繩遊玩的台灣球迷,不彷在書店或便利商店多注意一下這期《モモト》雜誌。除了我的文章之外,還有介紹沖繩棒球史、春訓經濟效果分析、或前廣島安仁屋宗八、橫濱的嶺井博希等等諸多現役與退役球員的訪談,內容非常的豐富。而除了這期之外,其他期也介紹不少沖繩文化、風俗,例如沖縄そば、回歸日本45週年特輯等等,有興趣歡迎參考。

《モモト》雜誌粉絲專頁 https://www.facebook.com/momoto.net/

 

 

undefined

undefined

創作者介紹
創作者 科科任 的頭像
科科任

科科任的棒球宅窩

科科任 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()